ルメール騎手&元横綱・稀勢の里の2ショット写真に反響!「豪華なコラボ」【画像】

競馬のクリストフ・ルメール騎手(39)が2019年3月18日付のインスタグラムで、「Who is the boss ??」のコメントとともに、大相撲の元横綱・稀勢の里荒磯親方(32)とのツーショット写真を披露している。

ネット上では「豪華なコラボ!」、「大物同士」、「土俵の上では稀勢の里、馬の上ではルメール」ななどと、絶賛の声が挙がっている。

※トップジョッキー×元横綱の珍しい一枚。

その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 クリストフ・ルメール&稀勢の里・ツーショット
(※情報元:クリストフ・ルメールインスタグラム)

飲食店らしき店内で、腕を組んで小柄な身体を大きくみせようとしているルメール騎手(左)と、優しそうな笑顔にスーツ姿も新鮮な荒磯親方(右)が並んだ“アスリート2ショット”。

多くのお客さんが2人の写真を撮っているのが背後の鏡に写り込んでおり、お二人の人気ぶりもうかがわせます。

インスタグラムでは、「ナイスショットですね」、「ヘビー級」、「お二人ともファンです」などと、感激の声が出ていた。

ちなみに、ルメール騎手は2019年3月18日付のインスタグラムで大相撲を観戦した際の写真を披露していたので、上記は大相撲9日目(3月18日)を観戦した帰りに荒磯親方と合流された際の一枚かも。

そんなクリストフ・ルメール騎手といえば、2015年に外国人として初めてJRA(日本中央競馬会)の通年免許を取得したフランス人騎手として知られる。

2018年には年間最多のGI8勝を含む年間最多の251勝をあげ、リーディングジョッキーに輝いたほか、現在は現役最強馬の呼び声も高いアーモンドアイの主戦騎手としても注目を集めている。

また荒磯親方といえば19年ぶりの日本出身横綱である第72代横綱・稀勢の里として人気を博し、幕内優勝2回を数えるなど活躍したが、2019年の初場所を最後に現役を引退した。

現在行われている大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)では親方として花道の警備を担当したり、7日目(3月16日)にはNHK大相撲中継で解説者デビューを飾るなど、フレッシュな活躍を続けている。

ルメール騎手は身長163cmで体重53kg、荒磯親方は身長188cmで体重178kg(いずれもウィキペディア調べ)と、その体格差は歴然で、見た目は好対照だが、トップアスリートとして良い刺激を与え合うことができたのかも。

フィールドは異なるものの、お二人のますますの活躍に期待したいと思う。

★関連記事

★芸能界の裏ニュースを探すなら

Source: 芸能7days
芸能7days