DJ KOO、20代の“バリバリサーファー時代写真”を披露!「爽やか」「最KOO」【画像】

TRFのDJ KOO(57)が2019年7月15日付のインスタグラムで、「バリバリのサーファーだった」という20代の頃の写真を披露している。

ネット上では「えーびっくりです 爽やか!」、「最KOO」、「自分が女だったら惚れてました」などと、絶賛の声が挙がっている。

※KOOさんのサーファー時代とは…?

その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 DJ KOO・20代サーファー時代
(※2枚あり。情報元:DJ KOOインスタグラム)

夕暮れ時のヤシの木を背景に、腰に手を当てたポーズをとる“サーファー時代ショット”で、こんがりと日に焼けた姿から精悍さも漂わせます(1枚目)。

また水着姿でサーフボードを持つ“浜辺ショット”(2枚目)は、鍛え上げられた筋肉質なボディが印象的です。

今日は海の日!!こう見えて!!DJ KOO!!バリバリのサーファーだったんです!!」と“海の日”にちなんだ一枚だったようで、「20代新宿のサーファーディスコでDJをやってた頃!!毎年バリ島に行ってました!!」と、当時はサーファーディスコ(1980年代にブームとなり、サーファーファッションなどでサーファー気取りをした若者が集まるディスコ。情報元:ミドルエッジ)でDJをしていたとか。

インスタグラムでは、「モーレツCOOL!」、「海パンが時代を感じます」、「短髪も素敵ですね」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみにDJ KOOは2017年11月27日付のインスタグラムで、音楽プロデューサー・小室哲哉(60)と1993年にイギリス・ロンドンで撮った写真を披露したこともある。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 小室哲哉&DJ KOO
(※情報元:DJ KOOインスタグラム)

こちらは、KOOさんが30代前半の頃かも。こちらにも、ネット上では「kooさんも小室さんもカッコいい!」、「先生へのリスペクトの大きさがヒシヒシと伝わって来ます」、「いい写真ですね」などと、絶賛の声が出ていた。

そんなDJ KOOといえば、1992年9月に結成された5人組ダンス&ボーカルグループ・TRFのDJおよびリーダーであり、シングル「survival dAnce~no no cry more~」(1994年5月25日発売)や、シングル「Boy Meets Girl」(1994年6月22日発売)、シングル「CRAZY GONNA CRAZY」(1995年1月1日発売)など、多数のヒット曲を飛ばしたことで知られる。

近年はYouTubeチャンネル「YouTuber DJ KOO」を開設し、自ら発信も行っているほか、その親しみやすいキャラクターも人気でバラエティ番組などにも引っ張りだことなっている。

今回の写真は、真面目でありながら、サッパリとした粋な印象もあるKOOさんの原点とも言える貴重な一枚かも。

TRF「CRAZY GONNA CRAZY」。間奏でKOOさんの美声も。

※J-POP黄金期の名曲から洋楽まで、DJ KOOがメガミックス。

★すっかりおなじみ!芸能界の裏話はこちらでどうぞ

人気ブログランキング

Source: 芸能7days
芸能7days