【狂気】スーパーフリー事件の主犯・和田の現在…ヤバ過ぎやろ・・・

6B2E7446-D87F-4A8A-892A-E242B80875B1

スーパーフリー和田、刑務所内で簿記1級や危険物甲種など取得 15年ぶりに娑婆に出てスマホにびっくり

※関連記事

スーパーフリー事件の詳細|主犯・和田真一郎の現在とメンバーのその後も徹底解説
和田真一郎の現在の顔や名前~生い立ちや家族・スーフリ事件も総まとめ
1: 風吹けば名無し 2019/02/26(火) 02:07:28.37 ID:M9TG1LPK0

早稲田大「スーフリ」主犯・和田が出獄!「残りの人生を社会の片隅でひっそり送っていく」

今週の週刊新潮は充実している。トップは2003年に輪姦事件を起こした早稲田大学のサークル「スーパーフリー」の主犯、和田真一郎(44)の独占手記である。

スーパーフリーは、六本木のディスコなどでイベントを開き、二次会で女性に酒を飲ませて酔わせ、みんなで輪姦するという悪質な犯行を繰り返していた。
参加していたのは、早稲田大学以外に東京大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、学習院大学、日本大学などの学生で、そのうち14人が準強姦罪で実刑判決を受けた。

和田は14年の懲役刑を受け、千葉刑務所を満期出所したのは昨年(2018年)の6月29日だったという。15年ぶりで娑婆に出た彼は、スマホにびっくりし、ステーキの味に感動したという。

現在は、刑務所にいる間に「就労支援」制度で受け入れてくれた会社社長のところで、名前を変えて仕事をしているそうだ。家族とは一切連絡をとっていないという。

刑務所内では、仕事が終わると読書三昧。その上、簿記の1級や危険物取り扱いの甲種・乙種、2級のボイラー技士免許などの資格も取得した。

もともとは、中央大学の経済部に入学したが、「イノシシが出没するような八王子」が嫌で、たいして勉強をせずに早稲田大学の政経学部に合格したというから、地頭はよかったのであろう。

早稲田に入り、スーフリの先輩に声をかけられて入ったそうだ。最初の飲み会で、2、3年生の先輩が6~7人、1年生が5~6人に対して、女の子が40~50人もいたそうだ。彼はこれぞキャンパスライフだとすっかり舞い上がってしまった。

スーフリは1982年にできたが、月に1回の飲み会が主な活動だったというから、女を目当てのためだけの会だったようである。先輩が抜け、和田が会長になるが、中心メンバーは男3人だけだったという。

スーフリが変貌したのは、和田が六本木のディスコ「ヴェルファーレ」でバイトを始めてからだ。

そこを辞めて、98年4月に六本木のクラブでイベントを開いたところ500人以上が集まり、大成功したことから、イベント中心に回りだした。そのあたりから「サークル内で輪姦が常態化していった」そうだ。その流れで大勢で1人の女性を犯したが、後々トラブルになることはなかったという。

サークルの中には「ギャルズ」と呼ばれる常連の子もいて、そういう行為を知っていたり、被害に遭った後に常連になった子もいたそうだ。和田は輪姦へ移行した理由を、こう語っている。


続きを読む

Source: NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
NEWSまとめもりー|2chまとめブログ