【速報】大宮ネットカフェ立てこもり事件、部屋の内部がヤバ過ぎる…関係者が衝撃暴露…

写真
no title

容疑者が立てこもっていた部屋の内部について、関係者が明かす。

「ビルの6階と7階で営業している同店には64のブースがあり、男は7階にある鍵付きで開口部のない防音設備もついた完全個室ブースにいました。2畳ほどのスペースで窓もなく、大人2名が入れば密着状態になります」

 この報道で疑問を抱いた人も多いのではないだろうか。SNSなどでは、

《完全密室になるタイプって法律で禁止されたんじゃなかった?》

 との声があがっている。

鍵付きで防音の個室

 事件現場である「マンボープラス」の店舗には「鍵付き完全個室」と書かれている。この「鍵付き完全個室」は法的に問題ないのだろうか。

 前出の全国紙記者によると、

「完全個室で広さが5平方メートル以下で、飲食をさせる営業はフゾーク営業の許可が必要になります。風営法3号が適用されるためフゾーク営業許可をとっていなかったとしたら違法です。

 ネットカフェの多くはこの風営法3号営業に該当しないように、客室扉の透明化や小窓を作る、客室の上部を開放する、客室扉の撤去などをし、完全個室を避けています。風営法が適応されてしまうと午前0時以降の営業が禁止されてしまうんです」

 調べたところ『ネットカフェマンボー』は風営法許可を得ていないため、小窓がないとなれば明らかに違法だ。

「24時間営業で完全個室ですからね。ただマンボーの母体会社は元々『リンリンハウス』というテレクラ経営をしていてました。業界では海千山千ですから法の網目をくぐって営業をしている可能性もあります」(同・全国紙記者)

 筆者も「マンボー」の他の店舗を利用したことがあるが、上部や下部が開いていたり、扉がアクリル板だった。

 この場合は風俗営業適正化法の対象となっていないと思われる。

鍵付き個室の使われ方

 ネットカフェであるにもかかわらず、なぜ防音で鍵付き個室にする必要があるのか。元ネットカフェ店員が明かす。

「ホテル代わりにどうぞ、ということです。若いカップルの滞在後に使用済みティッシュが大量にゴミ箱にあることはザラ。使用済みやオモチャのようなものが入っていたことも。

 他にも若い女の子たちの間でライブ配信はネットカフェでする、というのが暗黙の了解みたいになっていた時期があります。そのチャットを見た利用客が、場所を特定して店を訪れるということもありました。シングル利用でもアダルト系動画を大音量で見られるという利点もあり、防音鍵付きは性的な目的で使われることが多い」

 警察が介入することもたびたびあったという。

2021/6/19 週刊女性プライム
https://www.jprime.jp/articles/-/21176


続きを読む

Source: NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
NEWSまとめもりー|2chまとめブログ