【東京五輪開会式】黒人ハーフの八村塁が「日本選手団旗手」を務める理由…マヂかよ…

https://toyokeizai.net/articles/-/441978?display=b

作家 バイエ・マクニール


7月23日、2020年東京オリンピックが開幕、今宵開会式が行われる。今回のオリンピックで日本代表の旗手にバスケットボール日本代表の八村塁が選ばれたことは、日本でのハーフ、あるいは非日本人に対する考え方が変わったことの表れなのか、今後日本がすべてのハーフや非伝統的な日本人をつねに平等に捉え、扱い始める兆しなのかは、答えを出しづらい、極めて複雑な問題だろう。

しかし、現状では答えを出すのはほぼ不可能だ。今回のオリンピックに関しては考慮しなければならない、頭を悩ます要因があまりにも多すぎる。

そもそも、東京オリンピックに関しては78%の日本人(同様に大多数の在日外国人も)が、新型コロナ株の変異株拡大などを理由に開催を見送るべきだと考えている。それどころか、日本はいま欧米諸国に比べてワクチン接種が遅れていることに伴って、東京では4回目の緊急事態宣言下にある。足元では日本の感染者数が増え続けているほか、オリンピック関係者や選手村でも新型コロナの陽性者も出ている。

日本史上初めての黒人男性旗手
オリンピックを中止、または延期する”正当”な理由のリストが延々と続く中、オリンピック旗手の1人が日本史上で初めての黒人男性である事実に誰が注目できるだろうか?

そもそも関心のある人はいるのだろうか? 答えはイエス!

実際に、非常に大きな影響を与えるかもしれない、一大転機のイベントだけに、関心を寄せる人は多い。もちろん、いわゆる日本のハーフコミュニティ、その家族と友人、支援者たちだ。

ダリル・ワートン・リグビーもその1人だ。ダリルは埼玉県を拠点とするアフリカ系アメリカ人の映像作家で、八村塁を「ヒーロー」とあがめるハーフの少年たちの父親だ。末息子は八村を見るためだけに、バスケットボールを見るという


日本が八村塁を旗手に選んだことは素晴らしいことだ」。映画『STAY』の監督であるリグビーはこう話す。「3人のハーフの子どもを持つ父親として、子どもたちと似た容姿を持ち、国を代表して国際舞台に立つ存在を彼らに見せることはとても素晴らしいと思う」(リグビー)。

「ある意味、とてもいいことだと思う。八村のことは大好き。彼はとても立派だし、旗手の1人がハーフで嬉しいわ」と話すのは、2人のハーフの子どもの母親であるジャマイカ系イギリス人、松井ヘイアブリルだ。「それにもし私が八村の母親ならとても誇らしいでしょうね!彼は最高の選手よ」。

だが、今回の決定に含まれた意味について、名古屋の大学で教授を務める松井ヘイは複雑な感情も抱いている。

「今回のことは、日本でより多文化化が進み、複数のルーツを持つ人たちを日本人と同じように受け入れる準備の兆候に見えるかもしれない。だとしても私は、2人の黒人と日本人の美しいハーフの母親として、この社会をハーフの子どもたちを育てるのに適した場所にするために、やらなくてはならないことがもっとたくさんあると思う。もちろん、ハーフの子どもたちの母親としての視点から見ると、今回のことはいいことではある。しかし、本当の変化は地方レベルで起こる必要がある」


つづきはソースにて


続きを読む

Source: NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
NEWSまとめもりー|2chまとめブログ